FC2ブログ

【多摩川のタマちゃん】

皆様、こんばんは。
はとぽっぽ報道局の「そう」です。


古代から近代にかけて様々な「今日」が毎年繰り広げられてきたと思います。
この記事では、「今日」にまつわる「くだらないエピソード」を紐解いて、

お読みいただく方には「毒にも薬にもならない、生涯において全くの無駄となる知識」をご紹介していこうと思います。


皆さんは、歴史的な「今日」というとどんなエピソードを思い浮かべるでしょうか。


本日は「8月7日」。





いくつかこの記事を書くまでに調べては見たのですが、こんな機会がなければ、絶対に思い出すことがないであろうエピソードを発見しました。

覚えていますでしょうか?





DSC_0329-1.jpg

2002年に多摩川周辺に現れたアゴヒゲアザラシの「タマちゃん」。

初めて発見されたのが、8月7日でした







かなり暑い時期に来たんですね。タマちゃん。





当時のタマちゃんブームは凄まじいもので、連日ニュースでも報道されていました。





「タマちゃんを見守る会」という団体は、アザラシのタマちゃんを1年8か月にわたり様子を撮影し、横浜市は住民票を取得させ、タマちゃんを題材にした楽曲は現在までに13曲も作成されています。


しかも、このタマちゃんを題材とした13曲のうち

「タマちゃん音頭」と名付けられた楽曲が作詞作曲異なるものとして7曲が作られています。




キャプチャ


国民的なキャラクターである「ドラえもん」ですら「ドラえもん音頭」は1曲しか作られていないのに、「タマちゃん」は7曲あるわけですから

「音頭」でいえば「ドラえもん」の7倍なわけです。






そもそも、このタマちゃん騒動ですが、アゴヒゲアザラシが住処としている場所は、本来であれば北極海とかベーリング海ですから、完全な迷子なんですよね。
保護した上で、本来の生息地に帰してあげるわけでもなく、ただ面白がって「癒しキャラ」的に祭り上げられてしまってます。



2002年の秋前に一時姿を消した「タマちゃん」に対して「また帰ってきてほしい」とメディアが報道していたそうですが、アザラシの立場からすればたまったものではないでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

そう@社会福祉士

Author:そう@社会福祉士
はじめまして!
社会福祉士として働いている「そう」と申します。

このブログを始めるきっかけは、自身の大きな失敗です。
自分一人では到底抱えきれず、
ふとした時に不安感や焦燥感で少し辛くなってしまうことがあります。

しかし、悩んでいたって仕方ない。
どうせ生きなきゃならないんだったら、笑っていたほうが少しはマシなんじゃないかってことで

楽しく面白く記事更新をしていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR