FC2ブログ

8月24日は【愛酒の日】

皆様、こんばんは。


はとぽっぽ報道局の「そう」です。


この記事では、

「今日」にまつわるエピソードを紐解いて、


お読みいただく方には、


ちょっぴり誰かに話したくなる様な


情報をご紹介していこうと思います。



皆さんは、歴史的な「今日」というと


どんなエピソードを思い浮かべるでしょうか。










今日は8月24日。



【愛酒の日】




です。

kanpai_nihonsyu.png



愛酒の日の由来は、
1885年8月24日生まれの日本の歌人
「若山牧水」の誕生日にちなんでいます。

ダウンロード




若山牧水は、とても旅が好きな歌人でした。
日本各地で歌を詠み、全国に歌碑があります。


記念日の由来の通り、お酒も大好きで、
なんと一日一升ものお酒を飲み、
肝硬変でとなり43歳の若さでこの世を去りました。


死後時間が経過しても遺体が腐敗しなかったため、医師から
「生きている時にアルコール漬けとなったのではないのか」
と驚かれたとの逸話があります。





今日はそんな「愛酒の日」にちなんで

日本各地の地酒を3つご紹介したいと思います。






まずは、
【獺祭(山口県)】




「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」
という志をもち、幻の酒づくりではなく、多くの人に美味しい酒・楽しい酒を届け続ける獺祭(だっさい)。
山口県の地酒です。








【黒龍(福井県)】



ワインの熟成法を応用して作られ40%精米・兵庫県産山田錦を使用している一品。
「黒龍」はメロンやバナナのような果実のフレーバーと、繊細な味わいがあり、福井県の名物である越前ガニとの相性抜群です!







【鳳凰美田(栃木)】


昔ながらの和釜で米を蒸し、佐瀬式の酒槽でやさしく絞り、丁寧に醸す。
華やかな席にぴったりなお酒。
梅酒やあんず酒なども種類も豊富で、女性へのプレゼントにもおすすめ。







いかがでしたでしょうか。

愛酒の日の由来となった「若山牧水」はお酒が原因となり、若くして亡くなってしまいました。

この記事をお読みの皆様は

お体をご自愛の上
美味しい郷土料理と一緒に
旅行先でかる~く一杯。















スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

そう@社会福祉士

Author:そう@社会福祉士
はじめまして!
社会福祉士として働いている「そう」と申します。

このブログを始めるきっかけは、自身の大きな失敗です。
自分一人では到底抱えきれず、
ふとした時に不安感や焦燥感で少し辛くなってしまうことがあります。

しかし、悩んでいたって仕方ない。
どうせ生きなきゃならないんだったら、笑っていたほうが少しはマシなんじゃないかってことで

楽しく面白く記事更新をしていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR