FC2ブログ

8月27日は【男はつらいよの日】

皆様、おはようございます。


はとぽっぽ報道局の「そう」です。


この記事では、

「今日」にまつわるエピソードを紐解いて、


お読みいただく方には、


ちょっぴり誰かに話したくなる様な


情報をご紹介していこうと思います。



皆さんは、歴史的な「今日」というと


どんなエピソードを思い浮かべるでしょうか。






今日は8月27日。

【男はつらいよの日】

です。






「男はつらいよの日」は、1969年8月27日に『男はつらいよ』シリーズの第1作が劇場で公開されたことに由来します。

「男はつらいよ」は、渥美清主演の「フーテンの寅さん」こと車寅次郎が、旅先や地元の葛飾柴又で騒動を繰り広げるコメディ映画。
作品の中に「マドンナ」が登場し、恋愛模様を中心として人間ドラマが展開します。

旅先の綺麗な景色も見どころの一つですね。











「男はつらいよ」は、全48作品の長寿映画です。

「さて、一気に全作品を視聴しよう!」

と意気込んでも、100時間近く掛かってしまうので

「男はつらいよ」初心者の方が全視聴するのは難しそうです。







そこで、今日はキネマ旬報のランキングより

48作品あるうちの人気3作品をご紹介!




第三位


【寅次郎夕焼け小焼け(17作)】





上野の飲み屋で、みすぼらしい老人と出会った寅さんは、気の毒に思い「とらや」に連れて来てしまう。その老人は、日本画の大家・池ノ内青観(宇野重吉)だった。世話になったお礼として青観が描いた絵をめぐり、とらやでは大騒動が巻き起こり、寅さんは旅に出ることに。旅先で芸者ぼたん(太地喜和子)と意気投合した寅さんだったが・・・・。





第二位
【寅次郎相合い傘(15作)】



青森で知り合った中年男・兵藤謙次郎(船越英二)と旅を続ける寅さんは、函館のラーメン屋の屋台で、なんとリリー(浅丘ルリ子)と再会を果す。兵藤は、小樽で初恋の信子(岩崎加根子)に一目だけ逢おうとするが、それを“男の甘え”とリリーは寅さんに当たって、二人は大げんか。そのままリリーと別れた寅さんは・・・。.





さて注目の第一位は






【男はつらいよ(1作)】



寅さんが20年ぶりに、故郷柴又に帰ってくる。歓迎ムードも束の間、寅は妹さくらの縁談をぶちこわし、また旅の人となる。奈良で旅行中の御前様とその娘・坪内冬子(光本幸子)と再会。幼なじみゆえ、気さくな冬子に恋をした寅さんは、帰郷してからも冬子のもとへ日参する。一方、裏の印刷工場につとめる諏訪博は、さくらへ想いを寄せていた・・・・。










いかがでしたか?

「寅さんの名言で心を動かされた」なんて方も多いはず。


せっかくですので、映画を見ながら

古き良き昭和の時代を思い起こしてみても

良いかもしれませんね。










スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

そう@社会福祉士

Author:そう@社会福祉士
はじめまして!
社会福祉士として働いている「そう」と申します。

このブログを始めるきっかけは、自身の大きな失敗です。
自分一人では到底抱えきれず、
ふとした時に不安感や焦燥感で少し辛くなってしまうことがあります。

しかし、悩んでいたって仕方ない。
どうせ生きなきゃならないんだったら、笑っていたほうが少しはマシなんじゃないかってことで

楽しく面白く記事更新をしていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR